怪我



何年ぶりかで思いっきりコケました。何につまづいたのか、足がもつれたのか、自分でも謎。これが歳をとるということなのか?子どもの頃は怪我なんてしょっちゅうやったけど、こんなに痛いもんやったかなぁ…。あまりの痛さに地面に倒れ伏して1分くらい起き上がれなかったです…。はたから見たら何があったんかと思われそうですが幸い誰にも見られず、人知れず痛みをこらえたのデシタ…(涙)。

手のひらは皮がめくれて、指先にも傷いっぱい。デニムの膝は破れて直径8センチの大きな青たんできました。

しばらく両手は絆創膏だらけ。絆創膏って手を洗ったりしたらすぐ剥がれてしまいますよね。何度も貼り直さなあかんくて不経済だなぁと思ってしまう。もちょっとしっかりくっついていてはくれないもんでしょうか。

コンサート


後輩Kちゃんのお誘いで日曜日、久しぶりに吹奏楽のコンサートを聴きに行ってきました。

Kちゃん所属するこの楽団のコンサート、いい意味でゆる~い雰囲気。赤ちゃん連れ、子ども連れで聴きに行ってもいいということでふーちゃんも初めてのコンサート鑑賞です。

ゆるい雰囲気というのは、客席以上にステージ上がリラックスモードだからかな。衣装もカチッとしてなくてスーツ、Tシャツなどいろんなカッコしてはるし、奏者は椅子の下に私物のカバンとかおいてはります。奏者の子どもさんらしき坊やが演奏中もステージ上をうろついて、時には演奏中にも関わらず、叱られてたり。

バシッと衣装揃えてシャツはズボンにインして!とか、一字一句決まった台本通りの司会とか、学生時代に当たり前だったコンサートの常識とはかけ離れていて、学生時代のバシッとそろえた生真面目さ、カッコよさもそれはもちろんよかったとは思うけど、大人の肩の力の抜けたゆるい雰囲気もまたいいなと思ったのでした。

あ、もちろん、ゆるいゆるいとは言っても、演奏はまた別でしたヨ。選曲こそポップス中心ではあるけど、しっかり聴きごたえもありました!社会人しながら忙しい中、音楽が好きで集まっているにちがいない皆さんの、そんな気持ちが溢れる楽しいコンサートでした。シングシングシングや六甲おろしは、テンション、音量、5割増ししてた(笑)。後輩Kちゃんの華麗なダンスも見れたし大満足です。

ふーちゃんは、座席で立ち上がって鑑賞。演奏始まった途端、わぁ~と雄叫びあげてました。パチパチ拍手もできたヨ。

後輩Kちゃんも一歳児の母親。母親業しながら自分の趣味も続けていて、偉いなぁ。私も楽器吹きたいとは思いつつ、根性なくてなかなか実行出来てないや。

参観

曜日は保育園の参観と懇談会でした。

いつもより遅い時間に保育園に行き、いつもどおり「いってきま~す」でバイバイしてから、お母ちゃんは玄関あたりで待機。子どもたちが中庭に移動したら、子どもたちにばれないようにさささささー!と廊下を走ってお部屋に移動。ばれてしまっては、いつもの様子が見られないので、ここは真剣に隠れながら走りました(笑)。そしてお部屋から中庭の子どもたちの様子を眺めました。

いちばんちびさんのつくし組は中庭でお砂遊び。ふーちゃんもスコップを持って真剣な眼差しで遊んでました。先生がプリンカップで砂プリンを作ってくれると「わぁ~っ」と喜んでいたり、先生がペットボトル容器にお砂を入れているのを見て真似をしてみたり。三輪車に乗ったりもしていました!前後逆やったけど!またがっただけやけど!周りの二歳児のお兄ちゃんお姉ちゃんや先生の様子をじーっと見つめていることが多く、やはり保育園は刺激が多くいろんなことを覚えていってるんだなぁと感じました。周りをよく見るタイプなので、途中はいつもと違うたくさんの視線に気づいたみたいでお部屋をじっと見ていたふーちゃんでした。

お昼ご飯前には靴を脱いで片付け、足を洗ってもらってお部屋に入り手を洗ってお昼ご飯、という流れもふーちゃんはしっかり理解しているみたいで、靴をないないしたり、水道で待っていたり。なかなか賢いやーんと母ちゃんは感心感心。

保育園生活をエンジョイしているふーちゃんを見れて、本当に嬉しかったです。

感染

たんと更新が途絶えてしまいました。

元気にしてますが、ここんとこ、なにやらバタバタと忙しかったです。

前回の日記更新のすぐ後、ふーちゃんがアデノウィルスに感染して結膜炎になりました。保育園で流行ってたのです。ふーちゃん初眼科。アデノは感染力が強いので、眼科では「その辺触らないように!」「隅っこの方にいてください!」とバイ菌扱いでした。

そして1週間の謹慎(?)をいいわたされる。私が有休を2日とり、実家に3日預けて、なんとか乗りきりました。ふーちゃんはばぁば(私の実家の母)と仲良しなので、実家でのびのび過ごしてたみたい。実家に初めて1日預けたけど、なんとかなったし、これからもちょくちょく預けられるかも…とほくそえんでいます(笑)。

で、ふーちゃんが治ったと思ったら私が感染。毎朝目やにで目が開かないし、真っ赤になって、これまた謹慎4日。はぁ。職場に多大なるご迷惑をかけてしまいました。


今はすっかりよくなって、元気に保育園をエンジョイしています。

食欲


ふーちゃんがまた土曜日に熱を出して
保育園からお呼び出し~。
7月から続いた鼻水がやっと止まって
長引いた咳も治まったと思ったら…。
この暑さ、まだ体温調整の難しい乳幼児には堪えるのでしょうか。

夏バテなのか食欲も落ちているふーちゃん。
食事、特に夕食を泣いて嫌がるように。

時間的には眠いんかも。
保育園で遊びまくってるようだし暑いしで
そりゃ疲れるわな。

最近ずっと食後に苦手なお薬あるから
食事全体として嫌なイメージになっちゃってるんやろか。

ここんとこ毎日夕食は家族三人てんやわんや。
今日なんて、旦那さんがキッチンからカウンター越しに変な顔したり踊ったりしたら
それを面白そうに見つつご飯も食べれたんで、
長い時間踊ってくれました。

私たち夫婦の食事は片手間にかきこんだり
冷たくなっちゃってたり…。
その反動で、ふーちゃんが寝てから、おやつを食べる習慣がついてしまった。
あかんな~と思いつつ、唯一のくつろぎタイムがかなり重要なんです…。


ふーちゃんの咳がひどく、
職場に遅れると連絡を入れて小児科受診。
軽い気管支炎になっているとのことでお薬たんまりもらった。
お薬はヨーグルトに混ぜてのめるようになったけど、
抗生物質は甘いものに混ぜたらあかんらしく、
お水でといてスプーンであげると嫌がる~。
でも甘い味なので嫌がりつつ口を開けてくれました(笑)。
気管支を拡張する薬の吸引も初体験。
じーっとしてお利口さんで看護師さんに褒められ
母は嬉しかった…。
よくなるまで保育園帰りに吸引に通うことにしました。
9月から私の勤務も通常の5時までになるし、
夕方が超慌ただしくなるなぁ。
今日も寝かせつけで私も撃沈。
気がつけば夜中。
旦那さんが食器洗いとおむつ干しと洗濯してくれてた。
ごめんなさい~。

あー。それにしても。
子どもの不調で職場に穴あけて迷惑かけてしまうし、
かといって子どもの不調は
気をつけていてもなってしまうもんやし、

この葛藤はほんとストレスになるわぁ…。
体力的なものよりこの葛藤がしんどい!

おてんば

病み上がりのふーちゃんは
いつもに増してお食事が進みません。

相変わらずお口からベーが多いのに加えて
お口に入るのも拒否~。
自分で手づかみさせたら、
くちゃくちゃにしてぽいっ!
スプーンもお皿もぽいっ!


そのうち食べるようになるでしょう・・・と
楽観的に考えることにしますが、

それでも、ふーちゃんの夕ご飯の準備が憂鬱になってしまうのです。



でもそれ以外は元気。

彼女かなりの「おてんば」さんでして、
保育園でも一番に園庭に飛び出して行くタイプなようです。
病み上がりなのでプールはお休みにしているのですが、
隙あらばプールへ。。。

盆休みには初めての海に行ったのですが、
そこでも彼女は怖いものなし!
一人で遠浅の海をトコトコ歩いてご機嫌。

父ちゃん母ちゃんが両手をつないで深いところまで連れて行くと、
足がふわぁ~っと浮くのが楽しいらしく、
頭を後ろに反らせてぷかぷかしてました。

そしてそれを保育園でも実践しているようで、
プールでぷかぷか浮いてるらしいです。
わが子ながらすごい…。